職探しする前に

今非常に問題になっている格差社会。職を探すといっても、会社の雇用形態も変わってきていますし、労働者側とそれを雇う経営者側とでは、それぞれのニーズが違っているようです。

このような状況の中で、私たちはどのようにして職を探していけばよいのでしょうか。

職探しは、自分の能力に見合った給料であるのか、生きがいを感じる仕事かどうかなど、人それぞれの最低条件を考えなければなりません。

職探しには信頼関係も必要です。
ここで云う人脈は、それを悪い意味でのコネと捉えずに、信頼関係の賜物だと、自分だからこそ採用してもらえたという自信につなげるのです。

自分の希望条件を前もって整理しておくことも大切です。
仕事をすることで得られる給料は、生活をしていく上でなくてはならないものですから、いままでの家計の収支を計算しておくことも大切です。


転職活動の仕方

転職活動の仕方についてのまとめ。

会社に就職してから、特に最初の2〜3年で転職を考えることが多いようです。実際に若い世代における転職活動は活性化しています。

実際に転職しようと思った時に何をどのようにすればスムーズな転職活動かできるのでしょうか?

まずは転職活動と職探しの流れを把握しましょう。

今までの自分の仕事内容、キャリアを振り返って、自分の好きなこと・嫌いなことを整理して、これから自分が身に付けたいものは何なのかを考えます。

今までの自分と、これからの自分をあわせて整理していく事で、自分の進みたい方向を検討することが出来るのです。

書類などの各種手続きも完了させて円満退職できるようにします。

以上が、いまの会社を退職して次の仕事を決めるまでのおおまかな転職活動の流れです。

この転職活動の流れを参考にして、まずは転職活動のスケジュールを組み立ててみることをおすすめします。

求人情報サイトなどの読者へのアンケート結果を調べてみると、就職活動に費やした期間は大体60日〜90日ぐらいの人が多いようです。

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。