インターネットでの就職活動

インターネットを使った就職活動についてまとめてみました。

求人情報を得るためには新聞の折込広告や、ハローワークへ出向くなどの方法もあります。

ここ数年はインターネットを利用して仕事の情報を集める人が増えているようです。

実際に検索サイトで「転職」と検索してみると、非常に多くの転職支援サービスのサイトが出てきます。

想像以上にたくさんの求人情報サイトがあり、仕事の情報もあふれています。

その多くの仕事情報の中から志望する仕事を見つけ出すのもなかなか苦労します。

インターネットにはたくさんの求人情報サイトがありますが、これらのサイトが提供している転職支援サービスは「登録型」と「スカウト型」の2つサービスに分類されます。

インターネットで提供されている転職支援サービスの違いをまずは理解する必要があります。

この2つのサービスのうち自分のスタイルに合っているのはどちらなのかを選択することがインターネット就職活動のスタートです。

まず「登録型」というのは、「エージェント」と呼ばれる大手の会社が行っているサービスで、転職希望者がその会社のホームページからエントリーしてその後、その会社のキャリアコンサルタントとの面談を行います。
キャリアコンサルタントとの個別面談をすることで、希望に合致した企業を紹介してくれます。

自分のこれから進むべき道をじっくりと相談してもらってから決めていきたい場合はこの登録型がおすすめです。

「スカウト型」はインターネット上の「ヘッドハンティング」のようなもので、事前に自分の職務経歴や希望の職種などを登録し、企業からのアプローチを待つ形のものです。


広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。