職探しする前に

今非常に問題になっている格差社会。職を探すといっても、会社の雇用形態も変わってきていますし、労働者側とそれを雇う経営者側とでは、それぞれのニーズが違っているようです。

このような状況の中で、私たちはどのようにして職を探していけばよいのでしょうか。

職探しは、自分の能力に見合った給料であるのか、生きがいを感じる仕事かどうかなど、人それぞれの最低条件を考えなければなりません。

職探しには信頼関係も必要です。
ここで云う人脈は、それを悪い意味でのコネと捉えずに、信頼関係の賜物だと、自分だからこそ採用してもらえたという自信につなげるのです。

自分の希望条件を前もって整理しておくことも大切です。
仕事をすることで得られる給料は、生活をしていく上でなくてはならないものですから、いままでの家計の収支を計算しておくことも大切です。

円満退社の仕方

円満退社の仕方について調べています。

退職の2ヶ月前には報告するのが理想的です。そして1ヵ月半前には退職日についての相談をします。

なるべく繁盛期を避け、十分に引き継ぎできる期間を取るようにしましょう。そして1ヶ月前に退職願を提出し、10日前には取引先への挨拶等を済ませます。

そして、退職日当日は会社から貸与されている物品をすべて返却し、机・ロッカーなどが片付いているかなどを確認します。以上がだいたいの流れですが、一番難航するのが退職の意思を伝えることではないでしょうか。

まずポイントは「相談があるのですが・・・」という、あくまで相談の形で上司に話を切り出すようにしましょう。次のポイントは、自分の退職するという意思がしっかりと固まっていることです。

報告をしたらまず聞かれるのは退職理由です。理由を聞かれたら個人的な理由を話すのが円満退社するための重要なポイントです。

円満退社のためには否定的な理由ではなく、「キャリアアップしたい」などの前向きな理由で話すことが重要です。予想以上に強く引きとめられる場合もあるでしょう。

自分に合った求人情報の選び方

自分に合った求人情報の選び方についていろいろ調べてみました。

転職活動をスタートする際には、まず求人情報を集めることですが、インターネットや求人情報誌などのたくさんある求人情報の中から、いかにして自分の希望する本当に適した仕事を見極めることができるのかが転職活動を成功させるためのポイントです。

自分に適した仕事情報をいかにして見つけるかが転職活動成功への第一歩です。

まずは自分にとって絶対にゆずれない条件をいくつかピックアップすることをおすすめします。

自分が次の仕事を決めていく時に、これだけは絶対にゆずれないポイントを絞っておくだけでも「これだ・・」と思えるような、希望している条件と合致する仕事を見つけやすくなります。

具体的な募集要項の各項目については、仕事内容・会社の雰囲気のほか給与面・通勤場所など、できるだけ具体的に考えておく必要があります。

インターネットの求人サイトやハローワークなどで見られる求人情報の見方も勉強しておきましょう。

たとえば、求人情報に表示されている給与は、通常は特別な表記が無い限り、総支給額になります。

表示されている給与から、手取り給与は税金や保険料などが引かれるのです。

一方、週休2日制は、1ヶ月のうち1週でも休みが2日あれば良いのです。

たとえば残りの3週は、週に1回しか休みが無いということもありえるのです。

インターネットでの就職活動

インターネットを使った就職活動についてまとめてみました。

求人情報を得るためには新聞の折込広告や、ハローワークへ出向くなどの方法もあります。

ここ数年はインターネットを利用して仕事の情報を集める人が増えているようです。

実際に検索サイトで「転職」と検索してみると、非常に多くの転職支援サービスのサイトが出てきます。

想像以上にたくさんの求人情報サイトがあり、仕事の情報もあふれています。

その多くの仕事情報の中から志望する仕事を見つけ出すのもなかなか苦労します。

インターネットにはたくさんの求人情報サイトがありますが、これらのサイトが提供している転職支援サービスは「登録型」と「スカウト型」の2つサービスに分類されます。

インターネットで提供されている転職支援サービスの違いをまずは理解する必要があります。

この2つのサービスのうち自分のスタイルに合っているのはどちらなのかを選択することがインターネット就職活動のスタートです。

まず「登録型」というのは、「エージェント」と呼ばれる大手の会社が行っているサービスで、転職希望者がその会社のホームページからエントリーしてその後、その会社のキャリアコンサルタントとの面談を行います。
キャリアコンサルタントとの個別面談をすることで、希望に合致した企業を紹介してくれます。

自分のこれから進むべき道をじっくりと相談してもらってから決めていきたい場合はこの登録型がおすすめです。

「スカウト型」はインターネット上の「ヘッドハンティング」のようなもので、事前に自分の職務経歴や希望の職種などを登録し、企業からのアプローチを待つ形のものです。

職探しには自己分析が大事

職探しには自己分析をしましょう。

ほとんどの人が迷っていることだと思います。なぜなのでしょうか?

その理由は、誰しも自分自身のことが良く分らないないなのです。

何が得意なのか、何が苦手なのか、何が好きなのか、何が嫌いなのか、積極的なのか、消極的なのか、真面目なのか、楽天家なのか、肉体派なのか、頭脳派なのか、自分はどんな性格でどんなタイプの人間なのか、すぐに答えられる人は少ない事でしょう。

自分に適する仕事が何なのかが分っていてば、仕事探しもスムーズに進められるでしょう。
しかし自分の事を把握できている人はあまりいません。

ここで云う自己分析とは、なにも性格や能力の分析だけでは無いのです。

自分の経験をしてきたことを思い出したり、自分が生きてきた過程を振り返りることでできることなのです。

自己分析とは、専門家が行うような難しいものではありません。

しかし、ただ思うことではなくて、いろいろと紙に書くことで、いままで気づかなかった事が見えてきます。

これを機に自己分析ノートを作ってみましょう。きっと就職活動の役に立つと思います。

職探しには必要であろう、気付かなかった何かが見えてくるかもしれませんね。

自己分析は字のごとく自分ひとりでするものなのでしょうか?

自分の短所には目をつぶりがちなので、なかなか気付くことはできないでしょう。

ここまで生きてきた中で、たくさんの人と関わって知り合いになってきたと思います。

これからはじめる職探しには絶対必要な自己分析のためにも、ぜひ実践してみてください。

自己分析をするかしないかで、職探しの楽しさを見出せるか見出せないかが分かれてくると思います。
タグ:職探し

転職活動の仕方

転職活動の仕方についてのまとめ。

会社に就職してから、特に最初の2〜3年で転職を考えることが多いようです。実際に若い世代における転職活動は活性化しています。

実際に転職しようと思った時に何をどのようにすればスムーズな転職活動かできるのでしょうか?

まずは転職活動と職探しの流れを把握しましょう。

今までの自分の仕事内容、キャリアを振り返って、自分の好きなこと・嫌いなことを整理して、これから自分が身に付けたいものは何なのかを考えます。

今までの自分と、これからの自分をあわせて整理していく事で、自分の進みたい方向を検討することが出来るのです。

書類などの各種手続きも完了させて円満退職できるようにします。

以上が、いまの会社を退職して次の仕事を決めるまでのおおまかな転職活動の流れです。

この転職活動の流れを参考にして、まずは転職活動のスケジュールを組み立ててみることをおすすめします。

求人情報サイトなどの読者へのアンケート結果を調べてみると、就職活動に費やした期間は大体60日〜90日ぐらいの人が多いようです。

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。